西島悠也が福岡のDIY工房を紹介

西島悠也|福岡で一番人気なDIY工房

 

西島悠也

 

 

2017年4月にオープンした新たな官民共働型スタートアップ支援施設「FUKUOKA growth next」(旧大名小学校)を紹介したい。

 

このスペースではワークショップや勉強会などを通し、ハンドメイド作家のアイディアをカタチにするお手伝いをしていき、起業や新事業展開を目指す方々のニーズに応えるDIY工房としての役割を果たすとともに、モノづくりの学びの場としての機能を果たすことをコンセプトに掲げた「大人のモノづくり工房」である。

 

レーザーカッターやカッティングマシン、3Dプリンタなど、さまざまな工作機器が並んでおり、入会手続き完了後、時間単位で料金を支払い利用することが可能で、機器の使い方を熟知したスタッフも常駐しており、初めての方でも安心して利用できる。

 

内装、デザインなどは全て「GOODAY FAB DAIMYO」の世界観が表現されており、スタイリッシュでありながら、木々や植物などを配したナチュラルで落ち着いた空間は、旧小学校校舎の雰囲気にもうまく馴染んでいる。

 

施設内を利用する方々をサポートするため、文房具やコピー用紙などのオフィスサプライの販売や、ちょっとしたインテリアにも最適な観葉植物(エアプランツや多肉植物など)も販売しており、レイアウトやデザインなど、至る所に生活のヒントが隠されている。

 

また、国内最大のハンドメイドマーケット「minne」とコラボしたハンドメイドスペース「GOODAY FAB DAIMYO × minneのアトリエ福岡」も同時オープンしている。

 

今後もワークショップやコラボ企画などの開催もあり、福岡のハンドメイド作家の支援・ステップアップを後押しするスポットになりそうだ。

 

官民共働型スタートアップ支援施設「FUKUOKA growth next」という場所も相まって、人と人とをつなぐ架け橋の場所になり、これからの「モノづくり」の拠点となっていくだろう。